« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

某廃小学校

前回の合同探索の続きでございます。

 

 

廃校と思われる物件を巡るも、リフォームなどされて

避難所などに転用されてるものばかり…。

残念だけど、しょうがない。

こんな時のために保険をかけてくれていた、くまおさん。

某廃小学校に連れて行っててもらいました。

 

Dsc_0333


紅葉も始まっていて、いい感じです。

一部物置として利用されている為か、現役にも見えます。

 

Dsc_0351


もちろん忘れず深呼吸。

長い廊下。真ん中の点線のうすさがいいよね。

 

Dsc_0365


地元のやんちゃな子たちの仕業かしら。

 

Dsc_0384


蛇口もいいけど、スイッチが気になるんです。

 

Dsc_0434


オルガン。

きっと今も音はなる。でもならしてくれる人はいない。

触れてくれる、弾いてくれる人はいない。

音を奏でることはない。

黒板に書かれた 「 さようなら 」 の文字がさみしさを誘う。

 

Dsc_0437


廃墟にあるこういうロッカー、開いてることが多い。

作為的なものを感じるけど、写真を撮ってしまう自分がいる。

 

Dsc_0553


かわいいコップ。

 

Dsc_0557


光った床はもちろん素敵で気持ちいい。

けど、ほこりにまみれた床だって素敵なんだよ。

私の心はくすんでる。

 

この廃小学校には、かなり素敵なものがあったのです。

よだれ垂らしながら、鼻血ふくかとかと思った。

お楽しみは次回へとっておこう。

以上!!

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

B町 廃小学校

10/29 マイミクのくまおさんとくまおさんのマイミクの

ダミアンさんと、ダミアンさんのマイミクのTSさんと

合同廃墟探索に行ってきました。

全員初めてお会いする方々なので、緊張半分

ワクワク半分で前日中々寝つけなかった。

 

この日は、廃校の現状調査。

まず1件目…当たり物件でした♪

Dsc_0179
 

木造校舎素敵すぎる。

廃校になった後、一時期転用されてたようで

残念ながら心躍るような残留物はありませんでした。

でも木造校舎のいい匂い。忘れず深呼吸。

 

Dsc_0185


天井の色むらがいい。

 

Dsc_0190


床の隙間から顔出す緑。

廃墟という空間だからこそ、余計力強く感じます。

 

敷地内に他にも素敵な建物がありました。

恐らく、現役時は宿直室や資料室や公民館として

使われてたのかな。

 

Dsc_0283

 

憧れの丸窓。

丸窓のあるおうちに住むのが密かな野望。

 

Dsc_0293

小学校の階段にも同じ模様が彫られてて

みつけた時、ニヤっとした自分が痛い。

 

この後、数件廃校と思われる物件にむかったのですが

建て替えられたり、リフォーム?されてたりで

当たりは一件目だけでした。

でもそれだけで充分満足できる廃校でした。

 

 

くまおさんが、全滅だった時のためにと保険として

用意してくれていた某廃校にも行ったのですが

それはまた後日。

以上!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »