« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

そうだ、ドームへ行こう。

11月28日土曜日のこと。

いつもの3人で集合。

せっかくだし、たまには少し遠出してみようってことで…。

P1010397 前から行きたいねって話してた

原爆ドームと資料館に行ってきました。

 

資料館に行くのは4回目。

今までじっくり周ることができなかったけど

今回はじっくり時間をかけて周れたので、満足。

でもまた行くことになると思う。

よく怖いっていうけど、私にはその感覚がない。

何故かは分からないけど、気になってしまう。なんでだろ…。

 

せっかく広島まできたので、名物を食べるぞってことで

P1010400 定番の広島風お好み焼き。

そばじゃなくて、うどん入りにしてみた。

初めてだったけど、個人的にはそばよりうどんのがおいしい。

そしてこれも初、もち入りです。

うまさ倍増!おすすめです。

うどん+もち=満腹

 

その後、ブラブラしつつ、S氏が迷子になったりしつつ、小ネタ合戦をしつつ、駐車場へ。

  

すぐ近くに公園があり、ブランコ乗りたいねってなって

大人げなく公園で遊んでみた。

ブランコでの体の動かし方が分からず戸惑い

止まり方が分からず酔い、降りるとぐったり。

子供のころはブランコからとんで、そのまま次へ行けたのに…。

 

その流れで鉄棒に。

まぁ流れ的に逆上がりになってしまうわけで。

何回かチャレンジするも、できない。

他二人はというと…

おとんはもともとできないらしく、弁慶を強打。

S氏は急所を打つも、なんとかクリア。

S氏はできたのにできないってなんか悔しいし。

 

最後の1回って言ってやってみると

できるもんなんだな!25歳女子本気を出しました。

でもその結果、見事筋肉痛。

 

帰りにちょっとしたハプニング的なこともあったけど

かなり楽しい1日になりました。

他人のipodがいかに楽しいかということも分かったし。

またどっか行きたいな。

以上!!

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤の工場

せっかくの3連休、廃墟に行きたいなぁと思い

めずらしく即行動に移しました。

 

近場で危険度が低いとこってことで 「 赤の工場 」 へ。

だいだいの場所は分かってたので、地図で調べ

念のため、廃墟仲間のYuさんに確認。

ありがたい情報とアドバイスを頂きました。

ありがとうございました。

 

今回は急だったのもあって、一人探索。

考えた結果、早朝のがより安全だろうと思い

現地へ6時半へ到着…まだ微妙に暗い。

カメラとかを準備し、いざ潜入!

 

P1010394 とりあえず、外から眺めてみる。

冷たい空気とうす暗いのとちょっと不気味な赤色。

テンション上がる。

 

いざ坂を登るぞって時に建物の奥の方から

『 ミシッ パキッ 』 って音が…。

チキンスイッチがonになり、しばらく動けなくなってしまう。

このまま帰ろうかとも考えたけど、せっかく高速とばして

来たので、無理やりoffにして潜入。

 

けっこう急な坂を登っていくとメインの建物は

すべて右側にあり、坂の下を一階とすると

3階まであり、規模は結構大きめ。

 

P1010389

とりあえず、3階からせめることに。

とりあえず、赤い。全部赤い。

奥の方へ家っぽい建物があってけど

チキンスイッチが作動し、近づけず…。

  

2階部分のメイン?の工場は暗くて

よく見えないけど、どこよりも赤くて

飲み込まれそうな感覚に陥る。

  

その後もチキンスイッチと戦いながら

必死でシャッターをきる。

途中カメラをのぞくことに集中しすぎて

穴に気づかず落ちかけるという以外は

特に危険なこともなく、無事探索を終えました。

 

今回の反省点として以下2点。

①一人探索ってこともあり、写真をとることで

精一杯で空気を味わう余裕がなかったこと。

次回はメインの工場でゆっくりしたいなぁ。

②写真をとるには朝早すぎたこと。

初めてだったけど、三脚使ってほんと良かった。

  

やっぱ誰かといっしょの方が心強いし

楽しめるということを改めて思いました。

(ついて来てくれる)彼氏欲しいなぁと思いました。

  

もしこれから行かれる予定がある方へ↓ 

事務所に大きな蜂の巣がありました。

夏はかなり危険だと思われます。

一部現役のトラックと重機の車庫として

使われているようです。

気をつけて行って来て下さい。

以上!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リベンジ

リベンジってことで、6月に一人で訪れた

廃旅館へ再潜入して参りました。

今回は、2人!

 

まず、旅館前についてビックリ。

3階の壁が一部崩壊していました…。

その影響で2階の窓ガラスも一部崩壊。

やっぱ、廃墟って生モノなんだなぁと…。 

 

気を取り直して潜入。

近くの公園で遊ぶ家族連れの目線を気にしつつ

正面から堂々と入っていきました。

 

P1010375 前回と同様、廊下を進んでいき奥のフロアへ。

赤い渡り廊下は健在で一安心。

 

問題のファブリーズの部屋へ。

一緒に行った方も一人で訪れ、この部屋で引き返したらしい。

でも今回は2人と心強いので、中をじっくり観察。

…うん、やっぱ誰か住んでたよね。

 

もう怖いもんはないぞってことで、奥の部屋へ進みます。

個室が3個くらい並んでるんですが、手前から見ていきます。

部屋に入ると、トイレとか洗面所があって奥に畳の部屋。

お布団が敷かれてて、何故か裁縫道具が散乱。

 

次の部屋も作りはいっしょ。

ここにもお布団が敷いてあります。

なぜかハンガーに服がかかってるし

ペットボトルがいっぱい。…住んでたね。

で一番奥の部屋は…カセットコンロにフライパン。

お肉は入ってたトレー他…自炊してたようです。

 

住んでたのは分かってたけど、生活感残りすぎてて

なんか気分が滅入ってくる。 

 

気を取り直して、一階へ降りてみる。

真っ暗な廊下を進むと、台所。

残留物がありすぎて、なんだかなぁ。

当時のものなのか、住んでた人のものなのか

それが分からないから気味が悪い…。

 

崩壊してる、3階へ。

部屋はきれに片付いてて、崩壊した壁から

入ってくる陽の光が柔らかく、台所とは別世界。

この廃墟の見ごろは今かもしれない…。

 

ここにきて分かったこと。

生活感ありずぎの廃墟は苦手かなぁ…。

廃墟に美しさとかは求めてない。

儚いといえばそうかもしれないけど

私が求めているものとは違う気もする。

 

今この瞬間も着実に時間は進んでる。

時間からも取り残され、忘れらて

でも確実に時間は流れ、少しづつ朽ちていき

いつ訪れるか分からない最期を静かに待っている。

そんな空間に包まれた時の安心感と空虚感。

きっと私が廃墟に惹かれる理由。

  

でも危険な場所ってことも忘れてない。

安全第一!

以上!!  

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

死ぬということ

最近 『 死ぬ時に後悔すこと25 』 という本ほ読みました。

終末期医療に携わる、お医者さんが書かれた本です。

多くの人は死ぬ時に後悔するするみたいです。

せっかく読んだので、死ぬということを考えてみようかなぁと。

 

別に怖くはない。

強がりではなく、別に恐れるようなことではないと思う。

だって、命あるものには平等に訪れるものだから。

平等という言葉に語弊があるかもしれないけど

生きている限り避けることができないことだと思うから。

 

自分が死ぬということに直面したことがないからかもしれない。

けど、いつ死ぬかなんて分からない。

明日かもしれないし、1年後かもしれないし

もっと先かもしれない。

そういう考えを持って日々過ごしている。

でも、だからといって後悔しないよう一生懸命

生きようなんて立派な考えはこれっぽっちも持っていない。

  

もし、今あなたはあと半年しか生きれないと

宣告されたとする。多分真っ先に思うことは

親に申し訳ないなぁってこと。

自然の流れからすると、やっぱり親が先に

死ぬものだと思う。せっかくここまで育ててくれたのに

何も返すことができないというのは後悔するだろう。

 

他は特にないかなぁ。別に不幸でもないし

人生に疲れたわけでもない。それなりに充実してるし

楽しいって思うことだっていっぱいある。

でも生きるってことにそんなに執着心がないのかなぁ。

かなりドライだと思う。

もし明日死ぬってなったら

まっしょうがないかって終わると思う。

 

結婚もしてないし、子供もいない。

良くも悪くも自分のためだけに生きてるから

こういう考えなんだろうなぁと思う。

 

そうだなぁ…もし後悔するとしたら

死にたくないって思わないことかもw

 

まぁ、実際どう思うかなんて分かんないけど。

別に病んでるわけではないので、心配しないでね。

以上!!

 

 

  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2年ぶりだけど

昨日は短大の友人とランチへ。

かなり久々、2年ぶりで会う前

何故か若干緊張したりして…。

でも会った瞬間緊張なんてふっとんだ。

 

2年ぶりに会った彼女は全然変わってなくって

それがうれしくて、居心地がいい。

 

仕事のこととか、恋愛・結婚のこととか

将来のこととかいろんな話をして

25歳になって変わった部分もあるけれど

いい意味で変わってないことも実感できて

なんかうれしかったなぁ。

 

明るくて、かわいくって、見た目は女の子って

感じなのに、突然う○この話をしだす

そんな彼女が大好き。

 

今思ってることとかいっぱい話せておかげで

久々にちゃんと寝れた気がする。

 

ありがとう。また、会おうね。

オバマの話も聞きたいし。

以上!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火曜の祝日はリズムがくるう

自分で前髪を切りました。

自分ではなかなかうまく切れたと思ったのに

母親は 「 ガタガタじゃん 」 と。

かるくへこみました。

でも切りなおしません。

 

今週はジャガーさんはお休みでした。

週一回、最後の数ページの楽しみが…。

そこそこへこみました。   

でも今回はスケットダンスが

非常におもしろかったので満足です。

 

火曜日の祝日はなんかリズムがくるう。

仕事に行きたくなくなるし。

でも行かない訳には行かない

消えれたらいいのに。

 

入社して4年以上経って、考えてみると

小学校の次に長い年数なんだなぁと。

そろそろリセットの次期かと思います。

踏み出すがどうかはまだ分からないけど

気持ち的にはそろそろかな。

以上!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »